社会福祉法人清心福祉会 ファミリーマイホーム

〒192-0012 東京都八王子市左入町373-1
TEL 042-692-1121 
FAX 042-692-1152 

ブログ

加住小学校での「福祉の授業」
ファミリーマイホームの運営母体は、社会福祉法人清心福祉会です。社会福祉法人は、その高い公益性にかんがみ、地域の福祉ニーズ等を踏まえつつ、法人の自主性、創意工夫による多様な地域への公益的な貢献活動が求められています。ファミリーマイホームでは、その一環として、八王子介護フェアなどの地域福祉イベントの企画・運営や近隣の小中学校や老人会、社会福祉協議会などに出張講座などを行っております。2月7日(金)八王子市立加住小中学校小学部6年生を対象に、「学校区域における超高齢社会の実情や車いすなどの福祉機器の使用方法」について、5・6時間目に出張授業を行ってまいりました。車いすの操作方法の授業では体育館をお借りして、車いすを自走する体験や坂道での車いすの介助方法、アイマスクを使用して視覚障がいの体験などを大勢の児童の皆さんに実践していただきました。当日ご協力いただきました6年生の担任教員の先生、学校関係者の皆様、大変ありがとうございました。
2020/02/07
節分
ファミリーマイホームでは、季節の行事を大切にしております。今回ご紹介するのは節分です。鬼に扮した職員に向かい、「鬼は外 福は内」と豆を投げて、昼食には恵方巻きを食べ、無病息災を祈念しているのです。懸命に鬼を退治してくださる方がいれば、鬼とでも仲良くなってしまう方もおり、利用者様一人ひとりの人生模様が垣間見れる一幕でした!
2020/02/03
八王子市の実地検査
指導監査とは、利用者の自立支援及び尊厳の保持を念頭において、サービス事業者等の支援を基本とし、必要な助言及び指導又は是正の措置を講ずることにより、介護給付等対象サービス利用者保護、指定基準の遵守及び保険給付請求等の適正化を図ることを目的とし、八王子市が実施しています。(八王子市ホームページ参照)

1月24日に上記趣旨に基づき、八王子市指導監査課の担当者様(3名)による実地検査が行われました。検査を受ける項目は大きく分類し2つあり、「運営管理」「利用者サービス」となっております。ファミリーマイホームでは、どの項目においても適正に運営されており、当然介護報酬の返還などの大きなご指摘もなく、検査は終了しております。

今後も、実施検査の結果に甘んじることなく、利用者様の生活を向上させるべく、努力させていただきます。
2020/01/24
多賀神社への初詣
新年の3が日は、さすがに混雑しており難しかったのですが、初詣は1月中、遅くても節分までにはということで、19日(日)にホームから車で20分程度の距離にある、多賀神社へ初詣に参拝してまいりました。昨年のこの時期は、ホーム内でインフルエンザが蔓延しやむなく中止となりましたので、1年ぶりの初詣となりました。伺わせていただいた多賀神社は、天慶元年(938年)武蔵介に任ぜられた源経基が、国土豊穣・万世安穏を祈願するため、滋賀県多賀大社から分祀し、この地に勧請したと伝えられています。(多賀神社ホームページ引用) 風もなく優しい日差しが降り注ぐ小春日和の中、参拝をされた利用者様、付き添った職員は何を祈願されたのでしょうか。しっかりと「仁礼二拍手一礼」はできましたか?
多賀神社ホームページ http://www.tagajinja.com/

2020/01/19
居酒屋ともだち
毎月第1木曜日は、「居酒屋ともだち」を開店しております。ファミリーマイホームで唯一有料のイベントとなっております。アルコール飲料200円 ソフトドリンク100円 おつまみ全品100円で提供しております。施設での食事は「上げ膳据え膳」。管理栄養士が栄養計算をしたバランスの良い食事を、その利用者様に適した食事形態と食事量で、個別に提供しております。しかし悪く言えば、利用者様がその日その日の気分で「食べたい食事を選べない」ということです。そこで、「居酒屋ともだち」では、オーダー制を徹底しており、利用者様自らが食べたい物や飲みたい物を注文してからお届けさせていただいております。

営業時間は18:30~19:30 毎回30名程度のご来店をしていただいております。今月のスペシャルメニューは「おせちの盛り合わせ」でした。またのご来店、お待ちしております。
2020/01/09
春の七草
八王子市立加住小中学校(学校運営協議会)主催による「加住ふれあいコミュニティ」 のご厚意で、毎年この時期に、と言いますか年末に、春の七草がコンプリートされた植木鉢を事務室前に飾らせていただいております。「加住ふれあいコミュニティ」は、加住小中学校学区内の生徒と高齢者が世代を超えて交流し、昔の遊びなどを通じて日本の良き風習・習慣を次世代につなげている活動です。春の七草といえば「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」で、古くから「人日(じんじつ)の節句」の1月7日には、七草が入ったお粥を食べて邪気を祓い、一年の無病息災と五穀豊穣を祈るとされる風習があります。本日の朝食は、七草粥を召し上がっていただきました。一昔前までは、当たり前のようにどの家庭でも行われた習慣を大切にしつつ、年末・年始に酷使した胃腸を労りながら、利用者様の無病息災の祈念する1日となりました。



2020/01/07
新年祝賀会(元日の過ごし方)
新年祝賀会は、元旦を利用者様・出勤している職員全員でお祝いをする行事となっております。この日は1階食堂が「本家の大広間」のように賑やか且つ大騒ぎになるのです。新年のご挨拶もそこそこに、乾杯とお正月の歌の大合唱が始まり、ふぁみりーふれあい新聞と年賀状の配達が終わるころには、お楽しみのおせち料理とお雑煮が振る舞われます。食後は、職員による1年のご挨拶がてらの歌のプレゼントが始まりといった感じであっという間に1日が過ぎていくのです。夕食は、少し食べ過ぎ飲みすぎた胃腸を労わるために、麦とろごはんと軽めのおかずをご提供して、お休みいただいております。
2020/01/01
新年明けましておめでとうございます。
皆様、新年あけましておめでとうございます。皆様にとってこの一年が実りある年となることを祈念申し上げます。ファミリーマイホームでは毎年元旦は祝賀会を開催しており、昼からお酒やおせち料理・お雑煮が振る舞われ、職員による生バンドコンサートなど、1日を通してお祭り騒ぎとなるのです。2020年も、ファミリーマイホームの様子を少しずつ発信してまいりますので、宜しくお願い致します。添付している画像は本日に施設の屋上から撮影したものです。きれいな富士山と「旦」の字のような初日の出、ご近所の競技用鳩の回遊などが折り重なっていて、神々しい雰囲気の元日の朝でした。1階食堂に設置している生け花は近所のフラワーショップ「花福」様が、利用者様のためにボランティアで活てくださっております。今年も様々な皆様に支えていただいていることに感謝しながら、施設運営を行ってまいります。
2020/01/01
お餅つき
毎年恒例の餅つき、今年もやらせていただきました。ファミリーマイホームのお正月には、お餅を用意させていただいております。そうは言っても、お餅は喉を詰まらせる危険性が高いことは十分理解しております。しかし、利用者様はお餅が大好きなのです!そこで、ファミリーマイホームの栄養課の皆さんが、研究を重ねた結果編み出したのが、「のどごしのよいお餅」です。お餅の純白さともち米の風味を残しつつ、しっかりと歯で噛みきれ、のどごしの良さを兼ね揃えた「まさに高齢者向けのお餅」なのです。そのお餅のレシピの詳細を紹介することはできませんが、そのポイントとなるのは長芋です。長芋をとろろ状にして蒸したもち米に入れ一緒に搗くことで、絶妙なのどごしが生まれます。以前は蒸したじゃがいもを混ぜ合わせておりましたが、できあがったお餅の色が若干黄ばんでしまい、また芋の風味が混ざってしまうという結果になってしまいました。そこから改良を重ねてたどり着いたファミリーマイホームのお餅を、元旦にも利用者様と一緒に安全に食したいと思います。元旦の昼食時のお雑煮を楽しみにしていてくださいね!
2019/12/27
水槽の金魚
1階事務室前に、朱文金(しゅぶんきん)という金魚が泳いでいておりましたが、流行り病で全滅となってしまいました。水槽内の清掃などで、しばらく水槽が空っぽの状態でしたが、本日新しい仲間を迎えることができました。大きい水槽には、玉サバ(タマサバ)と呼ばれる金魚とアプビノプレコという白色のナマズの組み合わせです。小さい水槽には、久しぶりに熱帯魚を数種類飼うことにしました。水槽の中にいる魚の種類の解説も用意させていただきましたので、皆さん、かわいがってくださいね!
2019/12/26

お知らせ